イクシス ロボット – イクシス、高所点検に専用ロボ 橋や道路向けに :日本経済新聞

企業情報. 私たちイクシスは、「ロボット×テクノロジーで社会を守る」という理念のもと、ロボット技術やAI・Data Service技術を通じて、近年のインフラ老朽化、自然災害・異常気象、熟練技能者の減少といった社会的課題をお客様と共に解決すべく、日々活動しております。

株式会社イクシスの特定商取引法についてのページです。当社で取り扱う商品・サービ

株式会社イクシスの事業「Robot」についてのページです。社会インフラ系・産業インフラ系ロボットの開発実績を掲載しています。「ロボット」のその先へ。イクシスはロボット開発のあらゆるニーズに対

ロボットにおける機械設計、回路設計、組込み、アプリケーション開発等、仕様の策定から運用までワンストップで対応。社会・産業インフラに特化した、各種点検、検査、監視業務等をサポートする、株式会社イクシスのロボットについてご紹介します。

株式会社イクシスの事業「Robot×AI・Data Service」についてのページです。イクシスは社会インフラ・産業インフラを中心に、私たちの生活の安心・安全をテクノロジーでサポートします。ロボット、Data Service、全ての技術を持つ我々だからこそ実現可能な製品・サービスがあります。

株式会社イクシスの役員・メンバー紹介のページです。私たち株式会社イクシスは「ロボット×テクノロジーで社会を守る」という理念のもと、ロボット技術を通じて、私たちの暮らしと生命の安全・安心を実現すべく活動しております。

Mar 27, 2019 · 株式会社イクシス: 株式会社イクシスへの出資について ・社会・産業インフラメンテナンスの点検ロボット開発企業イクシスへの投資を決定 ・老朽化が進む我が国インフラの点検現場を支えることで安心・安全な社会の実現を目指す

イクシスは、これまで培ってきたロボットなどのハード開発に加え、インフラ点検に必要なシステムの構築に力を注ぐ。周囲の地図作成と自己位置推定を同時に行うslam搭載の「自律走行ロボット」、振動検知センサーを内蔵した「ワイヤ吊り下げ型の目視点検ロボット」など、豊富な

株式会社イクシスの採用情報のページです。現在弊社では私たちの想いに共感してくれる、熱い仲間を募集しています。営業、技術者、製造-技能者、経理財務等。詳しくは募集要項をご覧ください。次世代に残す日本の社会を一緒につくっていきませんか。

ai(人工知能)ロボット開発を手掛ける株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市/代表取締役:山崎文敬、狩野高志)と建設大手の「株式会社安藤・間」(本社:東京都港区/代表取締役社長:福富正人)=安藤ハザマ=は2019年6月27日までに、建築現場の施工自動化の基盤となる「自律走行

株式会社イクシスのプレスリリース(2019年5月20日 18時28分)床面ひび割れ検知ロボット(手動式)[Floor Doctor]のリリース

インフラ点検ロボット開発のイクシス(川崎市)は27日、incjなどから10億円を調達したと発表した。これまでロボットの受託開発を手がけてきた

株式会社イクシス: ・上記ロボット及びコンピュータソフトウエアの輸出入、講習会、研修会、イベントの開催、開発研究に関するコンサルティング

株式会社イクシスのハローワーク求人情報(14150-03839591)*社会・産業インフラ業界向けのロボット、IoT機器の製 造。 *技能職として組立ー検査ー一部導入サポ

次に投稿: February 08, 2019

株式会社イクシスのプレスリリース(2019年7月16日 11時15分)クレーンレール検査システムおよび検査データ取得ロボットを

株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役co-ceo:山崎文敬、狩野高志)は、2019年10月8日付で、3dスキャナ搭載の昇降ロボット「van-bo

Mar 27, 2019 · ロボット情報webマガジン. 今回、イクシスは、新たな資金調達により、これまで受託・共同開発してきたモデルのうち、水平展開が可能な製品に絞って標準化を行い、自社製品としての量産

>クレーンレール検査システムおよび検査データ取得ロボットを共同開発.pdf ベステラ株式会社(代表取締役社長:吉野佳秀/以下、ベステラ)と、株式会社イクシス(代表取締役:山崎文敬、狩野高志/以下、イクシス)は、主にプラント・工場設備に設置

“インフラ点検ロボットパーツを3dプリンターで直接製造。3dプリンティングならではの形状の自由度を活かした設計で課題を解決した事例です。 株式会社イクシスリサーチ 様

ベステラの持つプラント・工場設備および3次元計測に関する知見と、イクシスの持つロボット開発技術・データ解析技術を組み合わせることで

bimとslamの連携で、施工の自動化を目指す 安藤ハザマと株式会社イクシスは、建築工事での施工自動化装置の基盤となる「bimデータと連携した自律走行ロボット」を共同開発した。 「自律走行ロボット」は、建築工事の施工を自動化する上で、ロボットが建物内のどの位置に存在しているかを高

株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役co-ceo:山崎文敬、狩野高志)は、2019年10月8日付で、3dスキャナ搭載の昇降ロボット「van-bo

イクシスと安藤ハザマは、建築工事での施工自動化装置の基盤となるbimデータと連携した自律走行ロボットを共同開発した。ロボットが建物内の

ロボット開発のイクシス(川崎市)はインフラ点検ロボットを量産する。 ロボット 産業革新機構 三菱商事 イクシス ロボ ロボット

本協業では、イクシスが提供するインフラ点検ロボット及びaiを活用した取得データ解析サービスと、凸版印刷が提供するデジタルカメラで撮影した画像から高精度な三次元形状モデルを自動生成できるエンジンを連携し、橋梁・道路・電力・鉄鋼

株式会社イクシスのプレスリリース(2019年6月19日 23時38分)BIMデータと連携した自律走行ロボットを共同開発

ロボット :業界初の などの問題点が指摘されてきた。Floor Doctorは、これらの課題解決を目指し開発に着手。イクシスでは、「シンプルな機構を生かした床面以外への応用以外にも、位置情報の取得精度を高める開発も進めている」。

株式会社イクシス | 約10億円の資金調達で事業を加速。社会・産業インフラを守る、点検ロボット×ai企業/【総合職(経理・人事など)】★マネージャー(候補)として活躍(1319680) の求人情報です。マイナビ転職だけに掲載の求人情報など、豊富な求人情報や、転職ノウハウに加えて

仕事の手当: 各種社会保険完備(雇用・健康・労災・厚生年金) 退職金制度(401K) など

新エネルギー・産業技術総合開発機構(nedo)は7月26日、nedoプロジェクトにおいてイクシスリサーチが開発した橋梁点検用ロボットの実証実験を

[PDF]

なお、今回の「誘導ロボⓇ1号」の開発にあたり、ハードウェアとシステムインテグレーションでは株式会社イクシス(本社:神 奈川県川崎市、代表取締役co-ceo:山崎文敬、狩野高志)、ロボットデザインではオチュア株式会社(住所:東京都千代

ロボット開発のイクシス(川崎市)は橋や道路など高いところにある構造物を点検できるロボットの販売を始めた。 ロボット イクシス incj

新エネルギー・産業技術総合開発機構(nedo)は7月26日、nedoプロジェクトにおいてイクシスリサーチが開発した橋梁点検用ロボットの実証実験を

株式会社イクシス | 約10億円の資金調達で事業を加速。社会・産業インフラを守る、点検ロボット×ai企業/【総合職(経理・人事など)】★将来のリーダー候補として活躍!(1280221) の求人情報です。マイナビ転職だけに掲載の求人情報など、豊富な求人情報や、転職ノウハウに加えて

株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役co-ceo:山崎文敬、狩野高志)は、2019年10月8日付で、3dスキャナ搭載の昇降ロボット「van-bo

【横浜】イクシス(川崎市幸区、山崎文敬共同社長、狩野高志共同社長、044・589・1500)は、工場やビルなどの床のひび割れを検知する手動式

[PDF]

なお、今回の「誘導ロボⓇ1号」の開発にあたり、ハードウェアとシステムインテグレーションでは株式会社イクシス(本社:神 奈川県川崎市、代表取締役co-ceo:山崎文敬、狩野高志)、ロボットデザインではオチュア株式会社(住所:東京都千代

[PDF]

本ロボットは、自走することによって、クレーンレールの変異データを3次元的 に取得することができます。今後、ベステラとイクシスは、法律で定められた天井クレー ンの月次/年次定期検査に本ロボットを利活用することで、プラント・工場設備の安全管

[PDF]

橋梁床版下面のロボットによる点検検査及びデータ 記録技術 申請中 株式会社イクシス 2 画像によるrc床版の点検・記録システム 申請中 国際航業株式会社 3 近接目視・打音検査等を用いた飛行ロボットによる 点検システム qs-180005-a

これらの解決策の1つとして「ロボット化」を提案し、ハードウェアとシステムインテグレーションではイクシス(川崎市)、ロボットデザインは

幕張メッセにて2月14日-16日の日程で「スーパーマーケット・トレードショー2018」、続けて2018年2月20日-23日にはビッグサイトで「hcj2018」が行われました。いずれも、外食・中食産業の省人化・効率化がテーマでした。2月21日のニチワ電機株式会社常務取締役である西氏の講演内容をもとに、外食

安藤ハザマとロボット開発などを手掛けるイクシス(川崎市幸区、山崎文敬代表取締役、狩野高志代表取締役)は19日、建築工事の自動化の基盤となる「BIMデータと連携した自律走行ロボット」を共同開発したと発表した。

日本ロボット学会代議員。 2011年- 認定npo法人ロボティック普及促進センター副理事長。 2018年9月 イクシス代表取締役co-ceo兼cto(共同経営者)就任。

本手順書は、橋梁点検用の無人航空機、ダム・河川点検用の水中点検ロボット、トンネル災害・プラント災害対応用の陸上移動ロボットを対象に、ロボット技術に携わる有識者との議論や模擬環境下での実機を用いた検証結果も踏まえ、求められる性能項目

株式会社イクシスのエンジニアの転職・採用情報。Wantedlyでは、働くモチベーションや一緒に働くメンバーについて知ることができます。道路・電力・建設など、社会・産業インフラの点検・維持管理を担う「点検ロボット」を中心に、受託開発・共同開発を手がけてきた当社。

株式会社イクシスの概要 設 立 :1998年6月 本 社 :神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 airbic内 代表者 :山崎文敬、狩野高志 ミッション:「ロボット×テクノロジーで社会を守る」 ビジョン :インフラの抱える社会的課題の解決に貢献する

株式会社incjは、社会・産業インフラメンテナンスの点検ロボット開発を行う株式会社イクシスに対し、6億円を上限とする出資を行うことを決定し、同額の出資を行ったことを発表

床面のクラック(ひび割れ)を検知するロボット。イクシスがリリース. さて本日は点検などの業務用ロボットの開発や、AI、IoT、ICT機器、ソフトウェアの開発・販売を手掛ける株式会社イクシスが、業界初となる床面のひび割れを検知するロボット「Floor Doctor」をリリースしたという話題。

株式会社イクシスのエンジニア中途・インターンシップの転職・採用情報。Wantedlyでは、働くモチベーションや一緒に働くメンバーについて知ることができます。道路・電力・建設など、社会・産業インフラの点検・維持管理を担う「点検ロボット」、「データ解析・管理サービス」を中心に

[PDF]

Mar 27, 2019 · News Release. 2019. 年. 3 月27 日 株式会社. INCJ 株式会社イクシス. 株式会社イクシスへの出資について ・社会・産業インフラメンテナンスの点検ロボット開発企業イクシスへの投資を決定

(株)イクシス 代表取締役 山崎文敬氏 ロボットについても8種類程度の標準ロボットをラインアップしており、それらをお客様の現場に応じてカスタム提供することで、フルカスタマイズに比べコストを抑制することができる。

図2:自律走行ロボット (外形寸法 幅770×奥行770×高さ800mm(プリズム格納時)、重量60kg、走行速度0.5m/秒) 図3:位置認識・移動制御システム. 株式会社イクシスホームページは こちら. キーワードをクリックして関連ニュースを検索 #イクシス #ロボット

凸版印刷は、インフラの施工や維持、管理を効率化するプラットフォーム(基盤)の開発に向けてイクシス(川崎市幸区、山崎文敬共同社長

株式会社イクシスのハローワーク求人情報(14150-25272681)*社会・産業インフラ業界向けのロボット、IoT機器の製 造。 *技能職として組立ー検査ー一部導入サポ

株式会社イクシスのプレスリリース(2019年7月8日 11時36分)イクシスと凸版印刷、社会・産業インフラの施工から点検・維持管理までの生産性

ロボットとAIの両方の開発を手掛けていることが自社の強みだ」と、同社の山崎文敬代表取締役は話す。 左は、イクシスのAI&DataService Teamの山﨑一也ディレクター。

9月度のロボット新製品は、過去最多水準の勢いの82機種にも及んだ。ロボット開発競争の勢いは留まるところを見せない。今回はこのロボット新

安藤ハザマとイクシス(川崎市幸区)は建物内の建設現場で施工自動化装置の基盤となる自律走行ロボット(写真)を共同開発した。建設の3次元

ロープウエー型ロボットで構造物に近づいて連続写真を撮り、そのデータから3dモデルを自動生成。aiを使って維持管理を行います。凸版印刷の3dモデル化と、イクシスのロボット技術が融合しました。

ロボット」をイクシスと共同開発した。同ロボットは、建物内のロボット位置を測定するための 「プリズム自動追尾型測量機」と、ロボットの移動指示と位置確認を行う「位置認識・移動制御 システム」で

㈱イクシス 代表取締役. プロフィール: 学生時代の1998年に創業し20年間、インフラ維持管理ロボットや特殊環境対応ロボットなどの受託開発を行ってきています。