オスカル アンドレ 契り – 掟6

オスカルは、自分の身体が信じられなかった。 アンドレのしなやかな指先に、思うが儘に操られる。 理性を保つ事など、適わなかった。 優しい愛撫にオスカルは気が遠くなりそうで、何も考えられない。 ただ、震えながらアンドレに縋りつくだけだった。

「アンドレ・・・お前の妻に・・・」呆然とするアンドレをオスカルはじっと見つめ、彼の次の動きを恥らいながら待ち続ける。あれほど望んだオスカルとの契り、それをオスカル自らが差し出すという。信じられない思いでアンドレはオスカルを強く抱きしめる。

アンドレと男女の契りを結ぶことが両親・家への背信となるという罪の意識も霧のように消え、私は自分とアンドレの進むべき道がはっきりと見えてきた。 簡単なことだ。 アンドレが貴族になれないならば、私が伯爵の身分を捨てればいいのだ。

クリックして Bing でレビューする2:00

Sep 30, 2011 · CRベルサイユのばらⅢ・アンドレ・グランディエの妻に・・・ CRベルサイユのばらⅢバスティーユ襲撃~オスカル死~薔薇は美しく散る

著者: roberose1

アンドレ 私たちは睦み合い、契りを結ぶ為にこの世に生を受けた これはまさに私たちの宿命 そして、これからも永遠に共にある。 切ない吐息の間に互いを呼び合う 誓いの言葉の如く ma cherie オスカル mon cheri アンドレ

彼の問いにオスカルは返事をしない。黒い瞳に少し顔を背けて黙ったままだ。 アンドレはそんな彼女の頬に掌を添え自分に顔を向けさせると、甘えるように彼女の耳に唇を寄せる。 少し身を固くさせ徐々に熱くなる彼の愛撫を、オスカルはただ受けていた。

平民の身分であるアンドレには貴族であるオスカルとの結婚なぞ夢のまた夢、そう実現不可能な到底叶わない夢でしかありません。 それは痛いほど理解しているアンドレですが、オスカル命の彼はこうなります↓↓ 上半身裸で激おこアンドレの図!

「アンドレ」 オスカルが切なげにアンドレにしがみつく。 その刹那、二人は人であるがゆえの身分の柵(しがらみ)を越えたのだ。 身分を越え、立場を越え、一人の人間として 「オスカル、たとえ身分が俺たちを分けようとも、俺はお前を放さないよ」

Aug 06, 2013 · The novel “曙光 ~7月14日” is tagged “ベルサイユのばら”. 天高く嵌め込まれたステンドグラスから、まぶしい光が降り注ぐ。 朝の訪れを感じて、オスカルはわずかに身動ぎをした。 疲れからか、いつの間にか眠ってしまったらしい。 ゆっくり半身を起こすと、傍らに眠る男に声をかけた。

そこに至るまで、オスカルもアンドレも体を病んで命に後が無く命がけだと繰り返される。そして、二人が契る所で涙が最高潮になるように演出されている。 なので、とても泣けた。 ベルサイユのばら第37話「熱き誓いの夜に」涙の契り.

「オスカル・・・?」 アンドレは、自分の目の前での光景が信じられなかった。 オスカルはドレスの背のボタンを外し、そっと肩から滑らせた。 下から現れたコルセットの紐を緩めて、下に落とす。

オスカル、お前がいじらしくてたまらない。徐々に力のこもる腕をアンドレは止められなかった。アンドレはオスカルの頭から顔を離しそっと覗き込んでみた。オスカルはアンドレの胸に顔を付け目を閉じていた。長いまつげに涙のしずくがついている。

・・・それに、オスカル様にはアンドレがいるの。・・・今はまだご自分のお気持ちにお気づきではないけど、いずれオスカル様はアンドレと本当の契りをお交わしになるんだから。アンドレもオスカル様を見守りながら、その時を待っているのだもの。

アンドレだって、疲れているだろうに。 私の要求とジャルジェ家の体面と、どちらも損ねぬよう式と祝宴と新居の準備に奔走し、なおかつ衛兵隊の仕事も最後まで完璧にこなしていたのだから。 それでもやはり習慣になっているのだろうか。

彼は洗い終わったオスカルと自分の分のブラウスとキュロットを丁寧に外に干した。屋敷を出ても、使用人をやめても、やはり家事や食事を運ぶのは彼の役目だった。 アンドレが家事をしている間、オスカルは自室で本を読んでいた。

呼吸が荒くなる。甘くて熱い疼き。それが今喉元まで来ている!いけない、こんなに大きな声が。どうしよう、アンドレ。「オスカルオスカル」なだめるようなアンドレの囁きにいけないと思うが体が言うことを聞かない。

オスカルは小さく答えた。 それは果たしてその通りだったのか、・・・それとも淫靡な雑念の故なのか。 アンドレは彼女の顎に手をあて、ゆっくりと唇を重ねた。 それを待っていたかのようにオスカルは彼の背中に腕を回す。

オスカルの肌に直接アンドレの声が低く響く。 「決まってる」 オスカルがやっと搾り出した言葉は吐息ばかりで声にならない。 「言ってくれないと、俺はまた勘違いするぞ」 ぎゅうむ、とオスカルがアンドレの足を踏んだ。

お世話になっております。管理人です。 4/15から16日にかけての、パリ・ノートルダム大聖堂での火災のニュースには、多くのベルファンの皆さまも胸を痛め、ショックを受けられたことと思います。

「オスカル・・・おまえの口から聞きたかった」 アンドレは私の膝裏に手をあてると持ち上げ、足を大きく広げ、一気に奥まで入ってきた。 「ああっ!!」 鈍い快感が脳髄に響いて、喉が、背が、大きく反

アンドレは、意外に経験豊富だったのではないかな。 と、思ったりもしたのですが、大事なシーンが抜けていました。 オスカルが、ジェローデルから催眠術のように甘い言葉で骨抜きにされて、キスを受け入れたときに「違う!

アンドレの耳に遠く、オスカルであってオスカルでない、違う存在の声が聞こえてくる。 ― ああ、嘘だ! オスカルは、彼を誰よりも好きだったが、愛してはいなかったのだから。 Lucifer.に愛を囁き、 そして次第に上気していく、 尖った声。 ― 嘘だ!

オスカルはアンドレと共に隠れ家であるジャルジェ家の別荘の外に出ていた。辺り一面に紫のリラの花が咲き誇っている。 真っ白なドレスを纏っているオスカルは、先ほどアンドレから手渡されたその中の一輪を、大事そうに抱えていた。

それから ごくたまにオスカルさまが こちらを見ている事があった。 時にはアンドレが視線に気づいて 振り返る事があったが オスカルさまは瞬時に いつもの顔に戻られた。 哀しい瞳 もしオスカルさまに睨まれたのなら 負けずに睨み返せた。

アンドレは沈黙した。 「何故、何故黙っているのだ、アンドレ! 私の傷跡が醜いからだろう? こんな傷お前には似合わない、と言いたいんだろう!? 答えろ、アンドレ!!」 オスカルはアンドレの胸に拳を叩きつけながら言った。

オスカル」 「いやだ。アンドレ」 「それなら、こうしてやる。」 彼の激しくなるくちづけを受けながら、私はささやかな幸せに酔いしれていた。 これから、ますます社会は荒れて、混乱して行くだろう。 兵士達もどうなるかわからない。

オスカルはアンドレと視線を合わせた。彼女は先程よりもっと情けない顔をした。アンドレは大丈夫だよと言うように笑って見せると、オスカルの腕の包帯をほどきながら考えた。

今日はベルばら三が日の中日、アンドレの命日。昨日はオスカルとアンドレが夫婦の契りを交わした日(*^3^)/~☆ もうすぐ日付が変わるけれど、そうしたらオスカルの命日。今日と明日はすごく悲しい日だけど、2人は最期とても幸せだっただろうと思うので、幸せな日でもある。

本編の世界 こちらは原作本編をもとにした創作です。外伝やエピソードシリーズ等は考慮しておりません。

私もアンドレはオスカルが好きだというから贔屓めに見てますね。だってやっぱりアンドレといる時がオスカルは一番幸せそうだから。 アンドレの暗さというのはジェローデルに対して嫉妬心をむき出しにする時に感じますね。

今日はベルばら三が日の中日、アンドレの命日。昨日はオスカルとアンドレが夫婦の契りを交わした日(*^3^)/~☆ もうすぐ日付が変わるけれど、そうしたらオスカルの命日。今日と明日はすごく悲しい日だけど、2人は最期とても幸せだっただろうと思うので、幸せな日でもある。

その一の続き7月12日の夜、オスカルとアンドレがついに結ばれる場面は何といってもベルばらのクライマックス。尤も小学生だった私は意味が全く分らず、2人が裸身で抱き合っているのを見た感想は、「大人って、ヘンなことをするのね」だった。私と同年齢の友人は中学生の頃、ベルばらの

オスカルと両想いになったアンドレ。オスカルの部屋や通勤の行き帰りの馬車の中で、2人抱き合ったりキスしたり、普通の恋人たちがするようなことをこっそり楽しんでいたことでしょう。目が悪くなってオスカルの表情がわからない分、オスカルのにおい

俺は沈黙を守りながらも、何か言いたそうなオスカルの視線を痛いほどに感じ、気になって仕方がなかった。 「オスカル、どうかしたのか?」 「・・・アンドレ」

Aug 11, 2013 · The novel “あなたの髪の (前)” includes tags such as “ベルサイユのばら”, “ベルばら100users入り” and more. 1 長椅子にもたれたアンドレの右横に座り、胸元に頬を寄せながら、オスカルは深い息をついた。 その日は一日、衛兵隊の訓練が予定されていたが、景色が灰色に霞むほどの土砂降りの雨により

オスカルの心の中に広がり文様を描いた。 アンドレが触れたところから発火していくようだとオスカルは思っ た。このまま抵抗しなかったら行為は短時間で終わるのだろう。で も、その行為をしてしまったらアンドレとは今までのような関係で はいられ

2019/12/06 – Pinterest で miemuralibrastny さんのボード「アンドレ&オスカル」を見てみましょう。。「オスカル、アンドレ、ベルサイユ」のアイデアをもっと見てみましょう。

アンドレ・グランディエ(André Grandier、1754年 8月26日 – 1789年 7月13日)は、池田理代子作の漫画『ベルサイユのばら』の準主人公。架空の人物。 オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェの幼馴染にして彼女の従卒。 平民の生まれ。

それから ごくたまにオスカルさまが こちらを見ている事があった。 時にはアンドレが視線に気づいて 振り返る事があったが オスカルさまは瞬時に いつもの顔に戻られた。 哀しい瞳 もしオスカルさまに睨まれたのなら 負けずに睨み返せた。

からだを重ねて契りを交わすことは叶わぬ夢か。 愛し合っていながら、 おまえに触れることができないのは、 神が下されたおれへの罰なのか――? オスカル―― おれはおまえが欲しい

オスカルは胸が痛んだ――本当に本物だったなら おまえを苦しめることはなかったのではないのか? 碧い瞳に差す翳りを払拭するように、アンドレは彼女の瞼にくちづける。

アンドレはエドモンド家所有の近くの森に住まいを建て、そこで一人住むことにした。たまに通いの召使が食料などを持ってくるほかは、誰も尋ねてこない、そんな寂しい場所であった。そこで、アンドレは本を読んだり、書き物をして暮らした。彼の慰めはオスカルの遺品と彼女の肖像画だけ。

「しかしアンドレ、おまえ、もっと自分のことも大事にしろよ。 おまえにとってオスカルさまは命より大切な方かもしれないが、オスカルさまにとってのおまえもた ぶん、同じようにかけがえのない存在だ

オスカルは先ほどコクトーが部屋に入って来た時とは別の恐怖を 覚えた。寝台の布団の中に男と女。このシチュエーションはかな りやばいと感じた。 「アンドレ、そこをどいてくれ」 アンドレは無表情のままオスカルを見おろした。 「アンドレ!

アンドレはオスカルの後ろ姿にそれまで口にしたことのない事を言い放ってしまった。 もしかしてと思いながら。オスカルはアンドレの言葉に打たれたように躰を揺らし、そして小 さく首を振った。それか

オスカルはアンドレから書類を受け取ると礼も言わずにデスクに向かった。 それは、ふたりに無言の退出を命令しているようだった。急に寡黙になった オスカルに気まずさを感じ、ふたりは司令官室を出た。 本当にあれはアンドレだろうか?

オスカルはアンドレに歩み寄ると揺らめき続ける炎を両手で囲った。 「せっかくの炎が消えてしまう」 オスカルは手の中の光を見つめながら言った。 彼女の真意を量りかねながら、それでもアンドレはそっと片方の手をオスカルの手に添えた。

オスカルはアンドレの腕の中からすり抜けて、寝台の端に身体を移そうとした。 そうはさせじとアンドレはオスカルの腕を掴み自分の元へと引き寄せる。 背後から抱きしめられ、アンドレの腕の中にすっぽりと収まってしまった。 トクン・トクン・・・。

アンドレが死んでしまうホントのストーリーを夢で知ってしまったオスカルが 悲しい結末にならないように過去に戻っていろいろやっちゃう話. 好きな話は「アンドレ黄緑のレモン」 オスカルがけなげでか

アンドレはオスカルに呼ばれて部屋に入ろうとしたが、何かすごくいやな予感がした。 (あいつの性格からいって、無理やり薬を飲ませて連れてきたことや、縛ったりしたことはかなりまずい。

オスカルはアンドレの頭に手を置くと髪をくしゃくしゃにして笑った。アンドレはようやく気付いたが、クシャクシャにされた髪を直そうとはせず、悲しげな顔を見せただけだった。それを見てオスカルは

Aug 01, 2019 · “嗚呼!アンドレ究極の選択(注:コメディ)” is episode no. 4 of the novel series “ベルサイユのばら_ギャク”. It includes tags such as “アラン”, “フェルゼン” and more. ※原作やアニメが大好きではありますが、ギャク&コメディ目線にて進めております。「大好きなべるばらを笑い物にしないで!

「お嬢さま、アンドレが戻ってきましたよ。」ばあやが足早にオスカルの部屋に伝えに来た。「そうか。今行く。」パリに戻るフェルゼン達を見送った後、アンドレの帰りを待つ間、オスカルは自室で読書していた。「そろそろお夕食、温めましょうかね?

アンドレが大きく息をつく。 「お仕置きが必要なようだな、オスカル」 「目が笑ってるぞ」 「いや許さない」 「どうするつもりだ」 「こうしてやる!」 うわっ。アンドレはいきなり私の腰を抱き、自分の肩に担ぎ上げた。

アンドレはオスカルの頭をできるだけ動かさないように、細心の注意を払ってそっと立ち上がった。そしてそうっと抱き上げる。アンドレは自分の心臓が心地よいリズムを刻んでいるのを感じた。ゆっくりドアに向かう。目の前の美しい顔。

「‥アンドレ」 オスカルは多分目を開けた。だが俺はそんな事はお構いなしにオスカルの腰を抱いた。オスカルの腰は細かったがその肉付きは男の欲望を充分にそそった。 「アンドレ!」 オスカルは両腕をおろすと肘を張り俺を遮った。

マロンが部屋を出て行くとアンドレは目を閉じた。きっと一人で行くのだろう、しかも今日中に。律儀でこうと決めたらやり通す、自分に厳しい祖母だからこそ、皆に慕われ、 そして今の自分もあるのだ。年なのだから少しは丸くなればいいものを。

彼女の悲しみをそっと見守るオスカルの乳母の孫アンドレ・グランディエ。オスカルとは幼い時から兄弟以上に魂を寄せ合い、青春のすべてを分かち合って生きてきたアンドレ。いつしかアンドレはオスカルを深く愛するようになっていた。

アンドレはグラスの準備を整え、机をはさんでオスカルの正面に来ると、そう言って蒼の瞳を覗き込んだ。 オスカルは最初は挑戦的にじっとアンドレの黒い瞳を見据えていたが、たまらなくなって目線をずらして、呟いた。