コミュニティナース 矢田明子 – 人とまちとのつながりで、楽しく、元気に、健康に!~暮らしに寄り添うコミュニティナース…

Amazonで矢田明子のコミュニティナース ―まちを元気にする“おせっかい”焼きの看護師。アマゾンならポイント還元本が多数。矢田明子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またコミュニティナース ―まちを元気にする“おせっかい”焼きの看護師もアマゾン配送商品なら通常

4.6/5(20)

Amazonで矢田 明子のコミュニティナース。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただ

4.6/5(20)

コミュニティナース育成プロジェクトは、いつも地域住民のそばにいて、毎日の楽しいと心と体の安心をつくる医療人材「コミュニティナース」を育成します。

コミュニティナース・矢田明子さん. 父の死をきっかけに26歳で看護師を目指す ――矢田さんが看護師を目指したきっかけは、26歳のときにがんで

矢田明子さんは、病院の中で患者を待つのではなく、町の中でおせっかいをやく医療の専門家「コミュニティナース」を名乗り、11年前に地元・島根県出雲市で実践を始めた。

Community Nurse Company 代表取締役 矢田 明子. 皆さん、こんにちは。今日は「知っていますか?コミュニティナース」ということで、お話をさせて

矢田明子さんと山本左近とのcross talkをお届けする。町の中で住民のそばに寄り添い、必要に応じて看護の専門性を発揮させるコミュニティナース。矢田さんが出雲で始めたこの「在り方」は共感を呼び、コミュニティナースプロジェクトの修了生は..

コミュニティナース講師の矢田明子さんとは? コミュニティナースの第一人者である矢田明子さんは、自身もコミュニティナースとして活動をしながらコミュニティナース育成にも取り組まれています。

島根で始まった「コミュニティナース」という地域ケアのあり方が、全国から注目されている。病院や介護施設ではなく、普段から地域のなかに

Community Nurse Company 株式会社|コミュニティナースは、いつも地域の中にいて〝健康的なまちづくり〟をする医療人材です。そんな人材を育成するコミュニティナースプロジェクトの運営、受け入れ地域や団体へのアドバイザリー業務を行う企業です。

※2 矢田明子さんコミュニティナースの草分け的存在。Community Nurse Company株式会社代表。 --矢田さんは、コミュニティナースが地域を幸せにする上で、まず看護師自身が幸せであることを大切にされていますよね。 渡邉:そうですね。「つらい」と思い

コミュニティナース 矢田明子さん 看護師 街に飛び込む(2) 2019/4/23付 情報元 日本経済新聞 夕刊

矢田 明子さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、矢田 明子さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

待望の、矢田明子さんへの取材が叶いました