中央省庁再編 閣議決定 – 障害者施策推進本部

中央省庁等改革について. 1 省庁再編関係 1月6日、1府12省庁体制への円滑な移行. 組織統合に伴う運営・施策の融合化. 行政改革大綱(平成12年12月1日閣議決定)において、新府省ごとの組織統合に伴う運営・施策の融合化の方針を決定。[別紙1]

[PDF]

閣議決定 行政改革については、中央省庁等再編後の概ね5年間を集中改革期間として、国・地方を通ず る行政の組織・制度の在り方や行政と国民との関係等を抜本的に見直し、新たな行政システムを構

4月27日に中央省庁再編法案と行政スリム化計画が閣議決定され、5月18日以降、内閣法改正案、国家行政組織法改正案、内閣府をはじめとする各省庁設置法案など17本の関連法案の国会審議が進められてい

中央省庁等改革を推進するため、審議会等の整理合理化に関する基本的計画を以下のとおり定める。 1.審議会等の整理合理化 審議会等(国家行政組織法第8条並びに内閣府設置法第37条及び第54条の審議

[PDF]

年6月閣議決定、h26年6月改定) 政府情報システム改革ロードマップ( h25. 年12月CIO連絡会議決定) オンライン手続の利便性向上に向けた改善方針( h26. 年4月CIO連絡会議決定) 電子決裁推進のためのアクションプラン( h26

[PDF]

2.中央省庁の再編等 ① 1 府22省庁を半減し、13府省庁に大括り再編(平成13 年1月) ② 本省局数、課室数の削減 ・官房、局の数を省庁再編に併せ、128から96に削減 ・課室の数を1166から900に削減 ③ 地方支分部局の整理

中央省庁等改革基本法(平成10年法律第 103号) 及び国の行政組織等の減量、 効率化等に関する基本的計画(平成11年4月27日閣議決定。以下「減量・効率化 計画」という。

中央省庁等改革推進本部は、中央省庁等改革基本法(以下「基本法」という。)に基づき、これまで、平成10年9月29日に「中央省庁等改革に係る立案方針」を、平成11年1月26日に「中央省庁等改革に係る大綱」を決定し、中央省庁等改革に向けての作業を進めてきたところである。

1998年(平成10年)6月中央省庁等改革基本法が、成立する。 橋本行革以降. 1999年(平成11年)3月「行政コスト削減に関する取組方針」が、閣議決定される。目標は10年間で行政コストを3割削減。

省庁再編以降の国の行政組織等の職員数の動向(pdf:136kb) 国の行政機関の分野別定員(平成31年度)(pdf:186kb) 人口千人当たりの公的部門における職員数の国際比較 (グラフ)(pdf:114kb) (データ)(pdf:191kb) 国の行政機関の「総人件費改革」

イ)21世紀のわが国の中央省庁のあり方を示す行革会議・最終報告の大枠が固まった。現行1府21の中央省庁を2001年に1府12省庁に統合する方向が打ち出され、橋本内閣が発足時に掲げた省庁半減の公約はかろうじて遵守された格好である。

[PDF]

閣議決定 中央省庁等改革を推進するため、審議会等の整理合理化に関する基本的計画を以下のとおり定める。 1.審議会等の整理合理化 審議会等(国家行政組織法第8条並びに内閣府設置法第37条及び第54条の審議会等をいう。以下同じ。

[PDF]

が、これらの改革スケジュールは、1996年12月に閣議決定した「行政改革プログラム」 によって定められたものである。特に、中央省庁の再編について、行政改革会議で1997 年11月までに成案を得、その結論に基づき、1998年の通常国会に所要の法律案を提出

[PDF]

平成13(2001)年1月に、省庁の大くくり再編とともに、内閣機能の強化のための制度 改革が実施された。これは、各省による縦割り行政や官僚政治の弊害、戦略的国策決定の 場や政策のスピード感の欠如といった問題を背景として行われたもので、平成13年春に

[PDF]

2) 日本再興戦略2016(平成28 年6 月2 日閣議決定) 3) 平成13 年1 月の中央省庁再編に伴い,「重要政策に関する会議」の1 つとして内閣府に総合科学技術会議が設置された。

Author: 明 松永

1998年6月、中央省庁等改革基本法が国会で成立。 2000年12月、党と内閣で案を出した行政改革大綱が閣議決定。 2001年1月、中央省庁等改革基本法に基づき中央省庁が再編。

[PDF]

(3)中央省庁等改革に伴う特許庁における組織再編(2000年度) 2000年度は中央省庁再編が行われ、それまであった1府22省庁は1府12省庁に再編さ れた。特許庁においても、「国の行政組織等の減量、効率化等に関する基本的計画(1999 年4月27日閣議決定)」に

橋本行政改革とはどのようなものであったかを簡潔に教えていただきたいです。よろしくお願いします。 行政改革とは内閣の行政を効率よく行うための改革です。故橋本龍太郎元内閣総理大臣が行った行政改革は「中央省庁

Read: 11485

東京一極集中の是正に向けて検討されている中央省庁や研究研修施設、独立行政法人など政府機関の地方移転が、官僚の

さて、話を戻しましょう。橋本内閣から中央省庁再編の課題を引き継いだ小渕内閣は、その後、2001年(平成13年)1月の再編を目標に作業を進め、中央省庁等改革関連法案を閣議決定し、国会に提出します。

[PDF]

平成11年4月 「中央省庁等改革の推進に関する方針」(平成11年4月27日中央省庁等 改革推進本部決定)において、独立行政法人制度の骨格及び89の事務・ 事業の独立行政法人化の方針を決定 . 平成11年7月 独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)成立。

[PDF]

閣議決定 今後における行政改革の具体化方策について(行政改革大綱) 〔昭和57 年9 月24 日閣議決定〕 臨時行政調査会の「行政改革に関する第3 次答申」(以下「第3 次答申」という。)にお

副大臣(ふくだいじん)は、日本においては、内閣府および各省に置かれる官職である。 中央省庁再編に伴い新設された。 外国の政府の相当する役職の訳語としても用いられる。

ここでは、センター試験【現代社会】を対策する過去問題で、『民主主義と政治』の分野である、『中央省再編』を勉強します。中央省庁再編などが実施されたことに関する記述として最も適当なものを,次のうちから一つ選べ。

9月1日 「特別調達庁」設立(政府外の法人)、総理庁に「中央行政監察委員会」設置、「労働省」設置 10月15日 「復員庁」廃止 12月5日 「特別調達庁」が、閣議決定により政府部局へと解釈変更 12月10日 「全国選挙管理委員会」設置

[PDF]

中央省庁等改革の一環として、国が行う業務について、国自らが 直接実施する必要がないもののうち、廃止又は民営化できない等 の業務について、独立行政法人化を進めてきている。 独立行政法人は、第三者機関(独立行政法人評価委員会)によ

中央省庁再編で文部省と科学技術庁が統合されて文部科学省となったのちは、文部科学省研究開発局が事務を所掌している(文部科学省組織令第9条)。 1976年(昭和51年)3月22日、「南極地域観測事業の将来計画基本方針」を策定した。以下の3点を基本と

中央省庁の再編. 丸善/2001.1. 当館請求記号:az-331-g59. 分類:占領期. 目次. 目次. i. 初期の行政機構改革と逓信省昇格問題 (1) 初期の行政機構調査. 1. 閣議決定「官庁等ノ改廃ニ関スル件」1945.8.21.

[PDF]

制への再編等を内容とする「中央省庁等改革基本法」が成立し、その後、中央省庁等改革 関連法の制定等を経て、平成13(2001)年1月から新しい省庁体制に移行した。 行政改革大綱等 省庁再編前の平成12年12月に、森内閣は「行政改革大綱」を閣議決 定した。

[PDF]

当該会議に関しては、新成長戦略(2010 年6 月18 日閣議決定)や第4 期科学技術基本計画等 において、政策推進体制の抜本的強化のため、総合科学技術会議を改組し、「科学技術イノベーシ ョン戦略本部(仮称)」を創設することが謳われた。

中央省庁の再編. 丸善/2001.1. 当館請求記号:az-331-g59. 分類:占領期. 目次. 目次. i. 初期の行政機構改革と逓信省昇格問題 (1) 初期の行政機構調査. 1. 閣議決定「官庁等ノ改廃ニ関スル件」1945.8.21.

障害者施策推進本部. 昭和57年3月26日閣議決定により設置された「障害者対策推進本部」は、平成13年1月6日の中央省庁再編を機に、内閣に内閣総理大臣を本部長、内閣官房長官及び障害者施策を担当する内閣府特命担当大臣を副本部長、他のすべての国務大臣を本部員とする「障害者施策推進

中央省庁の再編をするため現在の1府21省庁を2001年1月から1府12省庁にする「中央省庁改革関連法案」が4月27日にも閣議決定され、国会に提出される予定だ。 これに伴い4月中旬、新省庁名が決定した

中央省庁再編、情報公開、規制緩和等の行政システム全般の改革が急速に進展する中で、行政の組織及び運営を担う国家公務員の人事管理の在り方についても、新たな時代にふさわしいものに改めていく必要が生じています。

また、閣僚会議は、再編により生じる新設の省庁は、統合前の省庁の資産、権利、義務を引き継ぐ決定を下している。同時に、今回の決定で解体される省庁は、省庁再編が終了するまで、関連分野での機能・権限の履行を継続すると定められている。

行政院(内閣)は、2012年から進めてきた中央省庁再編の最終案を固め、12日から「行政立法政策協調会報(行政部門と立法部門の意思疎通を図る

「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2005」(平成17年6月21日閣議決定)で要請した4.6%以上の純減確保に向けた各地方団体の真摯な取組及び国による定員関係の基準の見直しにより、一層の純減の上積みが確保されるよう取り組む。

「いてもいなくても支障がない」という意味で、中央省庁の「盲腸」と揶揄されていました。 そこで、 2001年の中央省庁再編時に政務次官を撤廃し、副大臣と大臣政務官を新設 。 大臣の下に副大臣を置き、事務次官よりも高い立場を与えました 。

[PDF]

月)、中央省庁等再編(平成13年1月)が行われ、許認可等の事務区分及び所管に 大幅な変更が加えられた。今回の把握は、これらの制度変更後に行われる初めて の調査である。 本調査においては、前回までの把握と同様、「国民(個人及び法人)の申請

新しい農林水産省と農村振興局について 1.中央省庁等改革の推進 国においては、平成10年6月に成立した「中央省庁等改革基本法」に基づき、「中央省庁等改革推進本部」(本部長:内閣総理大臣)を中心に全省庁が連携し、2001年1月の新体制への移行開始に向けて中央省庁等改革が進められて

[PDF]

今般、中央省庁再編が行われるとともに、新たに、副大臣及び大臣政務官の制度が 導入された。 こうした状況を踏まえ、政治家であって国務大臣等の公職にある者としての清廉さ

近年の行政改革は、省庁再編、規制緩和、地方分権、情報公開、特殊法人改革等行政の各分野全般にわたっており、これらについては、「行政改革プログラム(平成8年12月)」等をはじめとする各種閣議決定等に基づき、実施している。

行政改革に詳しい方に聞きます。橋本総理がおこなった中央省庁再編、独立行政法人制度の導入、政策評価の導入、内閣機能の強化はそれぞれ100点中何点の評価ですか? 1. 中央省庁再編〔65点〕 国土交通

Jul 28, 2015 · 政府は28日、中央省庁の部長以上の幹部人事を閣議決定しました。女性が去年の23人から30人に増加するなど、女性の登用を推進する安倍政権の

中央省庁等再編における郵政省の再編成の概要. 総務省への再編成 (新旧組織図) 再編後の関係各局等の主な事務. 大臣官房及び郵政事業関連組織の再編 情報通信行政関連組織の再編. 再編後の関係各課の所掌事務. 審議会、施設等機関、地方支分部局の再編

[PDF]

(3)中央省庁等改革に伴う特許庁における組織再編(2000年度) 2000年度は中央省庁再編が行われ、それまであった1府22省庁は1府12省庁に再編さ れた。特許庁においても、「国の行政組織等の減量、効率化等に関する基本的計画(1999 年4月27日閣議決定)」に

<政府・自民党>省庁再編法案、27日に提出へ (4月7日・毎日新聞) 政府・自民党は7日、現在の1府21省庁を2001年から1府12省庁に再編する中央省庁等改革関連法案を27日に閣議決定し、国会に提出する方針を固めた。

[PDF]

平成12 年12 月に閣議決定された行政改革大綱では、平成 17 年度までの5 年間を「集中改革期間」 と位置付け、省庁再編等による総合性、機動性を備えた行政の実現、民間能力の活用等による簡素かつ

平成13年1月、中央省庁再編により、建設省、運輸省、国土庁、北海道開発庁を統合し、国土交通省が誕生しました。これに伴い、 旧建設省建設大学校(東京都小平市)と旧運輸省運輸研修所(千葉県柏市) を統合して国土交通省国土交通大学校が発足し

「地方分権推進計画」(平成10年5月29日閣議決定)及び「第2次地方分権推進計画」(平成11年3月26日閣議決定)の着実な実施とそのフォローアップを図りつつ、国と地方の役割分担に応じた国庫補助負担金の整理合理化、国の事務事業の移譲、直轄事業負担

1999年の第145通常国会において、中央行政機構改革の一環として、独立行政法人通則法が成立した。 これに基づき中央省庁の現業部門、試験研究機関、博物館、美術館などを、独立の法人格を持つ機関へと改めることが決定された。 独立行政法人は、主務大臣の定める中期目標に応じて中期計画

[PDF]

・ 関係省庁、公共機関の第一次情報 等. . 防災担当大臣のリーダーシップのもと対応を協議. 情報先遣チーム及び政府調査団の派遣決定 臨時閣議による本部設置・政府対処方針決定等④立川広域防災基地(災害. 非常災害対策本部設置 緊急災害対策本部設置

中央省庁再編 2001年の中央省庁再編から15年近くが経過し、わが国を取り巻く状況も大きく変化してきている。その後、外局の廃止・新設が行われたものの、中央省庁再編の効果や行政需要の変化等に伴う新たな縦割り行政の弊害等の検証は十分に行われてい

株式会社官庁通信社は中央省庁及び都道府県の機関や関連団体などの事務従事者を対象に、執務上の参考に供するための各種情報を電子版を含めて7媒体で正確・確実・迅速にお届けしています。

98年2月の国会で中央省庁再編に関する基本法案が提出される運びとなった。この1年の省庁再編をめぐるマスコミの報道から興味深いものがいろいろと知らされている。しかし、行革を進める上で忘れてはいけないのが行政

[PDF]

閣議決定法と議員立法の2つがある。 平成11年12月20日に公布された中央省庁等改革関係法施行 法(平成11年法律第160号)により、平成13年1月6日の中央 省庁等の再編が行われ、動物の愛護及び管理に関する法律の事務

[PDF]

3点を提言している。同報告を受けて、1998(平成10)年10月27日の閣議決定により 「内閣情報会議」(後述)が新設され、その下に合同情報会議が位置付けられた。また、 中央省庁再編関連の内閣法の改正により、2001(平成13)年1月6日、「内閣情報官」

[PDF]

中央省庁等改革基本法(平成10年法律第103号)抄 第33条第3項 政府は、郵便事業への民間事業者の参入について、その具体的条件の検討に入るものとする。 行政改革大綱(平成12年12月1日閣議決定)抄 Ⅴ 中央省庁等改革の的確な実施

[PDF]

第4節 中央省庁等改革以降の北海道開発局の動き 1 中央省庁等改革以降の北海道開発局組織整備の特徴 中央省庁等改革以降にあっても、北海道開発局では新規行政需要の増大・多様化、社会経済情勢の変化

その後、1996年(平成8)11月に、首相直属の審議機関として行政改革会議が設置され、1997年12月「1府21省庁を1府12省庁に再編する」などの最終報告が提出された。同月の閣議決定を経て、2001年1月の中央省庁再編へとつながった。 [橋本五郎]