我が国の経済状況 – 我が国の事業再生の実態について <報告書>

1990年代以降の経済状況を見ると、中国を始めとする新興国の著しい経済成長とは対照的に、我が国は1990年代半ば以降マイナス成長を経験するなど経済が停滞しており、これまで世界第2位で推移してきた我が国の名目gdpは2010年に中国に抜かれると予想がされている。

4 我が国の経済状況 (1)我が国の経済の現況と経済成長率 我が国の経済は、2008年秋のリーマンショック、2011年の東日本大震災の影響による低迷を乗り越え、2012年末に持ち直しに転じたものの、中長期的に見れば、近年のgdp成長率は1980年代と比べて低い水準にある(図表1-1-10)。

第1節 我が国を取り巻く環境と社会経済状況 1 我が国の社会経済状況 (1)少子高齢化社会、人口減少 少子高齢化の進行により、我が国の総人口は2008年をピークに減少に転じており、生産年齢人口も1995年をピークに減少に転じている。

日本経済2017-2018 -成長力強化に向けた課題と展望- 平成30年1月. 内閣府政策統括官(経済財政分析担当) 目次. はじめに(pdf形式:222kb) 目次(pdf形式:182kb) 第1章 日本経済の現状とデフレ脱却への課題. 第1節 日本経済の現状(pdf形式:826kb) 1 最近の

わが国の財政状況 財政関係パンフレット 財政関係基礎データ

(1)2017年の財貿易動向の概観
[PDF]

においては、2017年半ば以降、横ばいの状況が続いている(図 211-2)。 第2章 我が国ものづくり産業が直面する課題と展望 第1節 我が国製造業の足下の状況 注1 注1 本節における統計の数値については、2019年3月末時点で公表されているものを元にしている。

日本経済展望2019年5月号:【トピック】赤字に転じたわが国貿易収支(pdf:1487kb) 調査部 マクロ経済研究センター 2019年04月03日 日本経済展望2019年4月号:【トピック】単身世帯の消費動向(pdf:1594kb) 調査部 マクロ経済研究センター 2019年03月05日

内閣府ウェブサイトの常時暗号化による「https:」への切り替え注意喚起。

海外経済報告(四半期)(平成10年から平成14年まで) 各資料の連絡先 月例経済報告について. 政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(総括担当) 03-6257-1567(直通) 地域経済動向、景気ウォッチャー調査及び産業動向について

[PDF]

第 3 章 第1節 我が国が直面する社会経済の課題 61 2 経済の課題 (1)1990年代以降における経済の低成長 我が国の名目gdpは1990年代半ば以降、約500兆円から530兆円の間でほぼ横ばいに推移しています。

1 我が国を取り巻く環境・経済・社会の状況 (1)人口減少・少子高齢化. 我が国は既に人口減少時代に突入し、かつて経験したことのない人口減少・少子高齢化が進行しつつあります。我が国の総人口は、2010年の1億2,806万人をピークに減少に転じており

[PDF]

解明する研究面でも、その後塵を拝する状況へと陥りつつある。 こうした状況を打開していくためには、今後の我が国の経済社会の中核を担 う高度経営人材を養成するビジネススクールの機能強化が喫緊の

[PDF]

成22 年5 月26 日に「排他的経済水域及び大陸棚の保全及び利用の促進のための低潮 線の保全及び拠点施設の整備等に関する法律」が成立したことを機に、我が国の排他 的経済水域等を取り巻く状況について、特集を取りまとめました。 ==

[PDF]

6 21 第1節 我が国経済とこれを取り巻く環境 第 1章 我が国の経済と国政の関り Ⅰ 2 我が国の財政状況 債務残高について見ると、社会保障関係費、国債費、地方交付税交付金等の増大に伴い、財政状況

[PDF]

我が国 においても生産拠点の国内回帰の動きが見られ、経済産業省が 2018年12月に実施した調査によると、海外生産を行ってい る企業のうち、12.5%の企業が過去1年間で国内に生産を戻 しており(図112-8参照)、我が国製造業を取り巻く状況は 変化しつつ

(我が国の経済状況) 我が国のgdpの推移を見ると、近年の成長率は1980年代と比べて低下しており(図表1-1-4)、また、我が国と世界の各国・地域の実質gdp成長率の推移を比較すると、我が国の実質gdp成長率は低い位置にあると考えられる(図表1-1-5)。

2 第4次産業革命の経済的な影響 3 第4次産業革命の労働生産性や雇用への影響. 第2節 新たな産業革命に対応するための課題(pdf形式:600kb) 1 労働生産性からみた我が国の課題 2 我が国のイノベーション競争力 3 ICTへの適応の遅れ

[PDF]

我が国の現状に鑑みれば、財政健全化と経済成長の両立が不可欠であるが、具体策を検 討するに当たっては、財政と経済のいずれかを優先するような主張が展開されているよう に見受けられる。

2 我が国の経済状況 平成は、バブル経済の真っ只中に始まり、当初、我が国の経済は非常に高い成長率を誇っていた。その後、バブル経済の崩壊やリーマン・ショック等の経済危機が発生し、我が国の経済は長期間停滞した。

「経済・物価情勢の展望」の体裁見直しについて 2005年 4月 6日 「経済・物価情勢の展望」の対象期間について 2001年10月29日 「経済・物価の将来展望とリスク評価」の公表日時変更について 2000年10月13日 「経済・物価の将来展望とリスク評価」の公表について

経済産業省 厚生労働省 文部科学省. 目次、コラム・目次(pdf形式:702kb) 第1部 ものづくり基盤技術の現状と課題 総論. 総論(pdf形式:178kb) 第1章 我が国ものづくり産業が直面する課題と展望. 第1節 我が国製造業の足下の状況(pdf形式:7,770kb)

[PDF]

第1節 経済状況の推移 1 概況 平成12年後半以降の米国及び世界経済の減速による輸出の減少から始まった我が 国の景気後退は深刻さを増し、13年度の実質成長率はマイナスを記録、雇用情勢も悪

[PDF]

経済見通しを基に算出し、平成28年度は2.9%、 平成29年度は3.2%と想定している。 (3)平成29年度の経済の姿 平成29年度の我が国経済は、経済対策など、 「2.平成29年度の経済財政運営の基本的態度」 に示された政策の推進等により、雇用・所得環境

[PDF]

国との比較では、平成27年においてアメリカは110.6%、フランスは120.1%、ドイツは 78.47%であるのに対し、我が国が229.2%と、我が国の財政状況は主要先進国中で最も厳 しいものとなっている。 和 (2)税収及び歳出の推移

日本の経済(にほんのけいざい、英語:Economy of Japan)は2010年において名目GDP換算でアメリカ合衆国、中華人民共和国に次いで3番目に大きく 、PPP(購買力平価)換算でもアメリカ合衆国、中華人民共和国、インドに次いで4番目に大きい 。 制度面では経済に国家が介入する修正資本主義を採用

GDP: 550兆7000億円(名目、2017年現在第3位), 約5
[PDF]

経済基本構造統計課 柳下 央. 我が国の「企業グループ」の状況について -経済センサス ‐ 基礎調査の集計結果から- ※ この発表は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。 1

経済見通しと経済財政運営の基本的態度 閣議了解(令和元年12月18日) (1)本文(PDF形式:402KB) English version(PDF:248KB) (2)概要(PDF形式:135KB) (3)大臣談話(PDF形式:179KB) 内閣府年央試算

[PDF]

90年代以降、我が国でM&Aが増加した背景としては、大きく3つ指摘する ことができるだろう。 第1に、1989~90年のバブル崩壊以降、経済が低成長化する一方で発展途上 国の追い上げが勢いを増し、企業間競争が激化、収益力が低下したことがあげ られる。

[PDF]

知的財産を巡る状況に関する調査 Ⅰ.我が国の経済連携交渉(知財分野)の状況 1.我が国の経済連携の推進状況 (1)経済連携交渉の状況 我が国はこれまで21の国・地域との間で18の経済連携協定を発効

[PDF]

我が国の実態③(今後もサービス産業(非製造業)化が進展) 出典:経済財政諮問会議 「日本21世紀ビジョン」に関する専門調査会(第4回平成17年4月) 資料

次に、我が国における自然災害の発生状況などについて確認する。我が国における自然災害による被害の内訳を見ると、発生件数は「台風」が57.1%と最も多く、次いで「地震」、「洪水」が多い(第3-2-3図)。他方、被害額

[PDF]

経済連携協定(epa)では、協定を締結した国 士の貿易につい て、一般的な関税率よりも低い関税率を適用することが認められて います。(wtoの下での一般的な関税の取扱いの例外) 最恵国待遇(原則)

[PDF]

我が国の経済成長強化のためには、「やせ我慢」縮小経済に陥ることなく新産業分野を創出し、新たな付加価値を創造 するなど早期に産業競争力の低迷状態から脱却し、拡大する経済への転換を進めていくことが必要である。

当社は、2017年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、米欧の金融政策正常化が進んでいきますが、それによって景気が腰折れするリスクは低いと考えられます。日本経済は

[PDF]

第2-(1)-1図 成長会計の側面からみた我が国の経済成長の状況 我が国のgdp成長率は、1980年代までは主要国の中では最も高い成長率であったが、1990年 代後半以降主要国の中でも低く、2000年代は、主要国が概ね年平均で1%以上の成長を達成してい

日本における産学連携については様々な議論がなされているが、統計から見ると我が国の状況は決して悪いものではなく、むしろイノベーションの芽が出始めている。この状況を実例をもとに説明し、今後取り組むべ き課題について言及する。

日本総合研究所は、システムインテグレーション・コンサルティング・シンクタンクの3つの機能を有する総合情報サービス企業です。日本総研が発表する経済・政策レポートがご覧いただけます。

ホワイト国除外による大規模な嫌韓祭り。忘れてはいけないのは、我が国の経済状況の極悪さ。 | ずるずると道・郷・話を

[PDF]

化に対応し,社会が求める新たな価値を創造できる人材を育む場として重要ですが,我が国 の大学院教育の修了者は,理工農系については他国と遜色ない水準であるものの,人社系に ついては非常に少ない状況にあるなど,人材養成に課題も見られます。

総務省統計局では、我が国の経済活動を同一時点で網羅的に把握する統計調査として創設された「経済センサス」の第1回目の調査として、平成21年7月に「経済センサス-基礎調査」を実施し、本年6月3日に確報集計結果を公表したところです。 この度、会社企業のデータについて、親会社の会社

[PDF]

Ⅰ経済社会をめぐる情勢 1国際経済社会 ①世界の人口 ②国際経済 ③資源・環境問題 ④世界の食料需給 2我が国経済社会 ①我が国の人口 ②我が国経済の動向 ③生活に関する意識や価値観 Ⅱ食料・農業・農村をめぐる情勢と課題 1食料需給 ①食料消費と食生活

1 我が国の起業の現状 開廃業の状況 企業の誕生・消滅は日々起こっており、その動態を正確に把握することは、非常に困難である。ここでは、政府統計を用いて開廃業率を算出し、時系列比較や各国比較によって、我が国の開廃業の傾向を捉えていく。

[PDF]

高度外国人材の受入れ・就労状況. 平成29年12月13日. 法務省・厚生労働省・経済産業省. 資料4

[PDF]

経済 ・財政 ・金融研究 グループ においては 、平成 22 年度 の研究 テーマ として 「我 が国の経済 ・財政 ・金融政策 の効果 に関する 考察 」を実施 し、昨年 12 月に経済政策 及び金融政策 に関する 分析 を論究 第7号に発表 した 。

[PDF]

我が国のプルトニウム管理状況 令和元年7月30日 内閣府 原子力政策担当室 1.趣旨 我が国は、原子力基本法に基づき原子力の研究、開発及び利用を厳に平和の目的に限り 行っている。

[PDF]

能力開発の取組状況14を含む社会背景や経済的な状況についても幅広く情報を把握している。 ここでは、piaacの背景調査における能力開発の取組状況などを活用し、oecdが算出した 能力開発の実施率15と労働生産性との関係について確認していく。

[PDF]

よる経済連携の動き、一部の新興国の成長鈍化など、我が国を取り巻く状況は大きく変わ りつつある。こうした国際経済の状況を受けて、各国政府は経済活動に対する様々な関与 や支援を強めている。

我が国の周波数帯ごとの主な用途と電波の特徴 周波数は、国際電気通信連合(ITU)憲章に規定する無線通信規則により、世界を3つの地域に分け、周波数帯ごとに業務の種別等を定めた国際分配が規定され

[PDF]

本稿では、我が国における労働人材としての外国人の受入れについての現状と今後の政 策動向及びそれらに関する議論や課題について述べる。 2.我が国における外国人材受入れの現状 外国人は、「出入国管理及び難民認定法」(昭和26年政令第319号。

[PDF]

第 3 章 第1節 我が国が直面する社会経済の課題 61 2 経済の課題 (1)1990年代以降における経済の低成長 我が国の名目gdpは1990年代半ば以降、約500兆円から530兆円の間でほぼ横ばいに推移しています。

トップページ > 外交政策 > 経済外交 > 経済上の国益の確保・増進 > 自由貿易協定(fta)/経済連携協定(epa) > epa(経済連携協定)活用セミナー及び個別相談会 > 松田誠 外務省経済局経済連携課長 講演「我が国のepaの取り組み状況」

ア 我が国企業のテレワーク導入状況 総務省「平成27年通信利用動向調査」によると、我が国でテレワーク 2 を「導入している」と回答した企業は16.2%にとどまり、「導入していないが、具体的に導入予定がある」と回答した企業と合わせても全体の2割程度

国際的動向と我が国の取組 )、国際連合から勧告された化学品の分類および表示に関する世界調和システム(ghs)、経済協力開発機構(oecd)における化学物質対策の取組状況といった、化学物質対策に係る国際的な動向と我が国の取組状況について紹介

[PDF]

我が国の経済連携協定 (EPA)の概要 東京税関業務部原産地調査官 嶋影正樹 2016年12月13日 EPAの概要 WTO=世界貿易機関 (World Trade Organization ) 160以上の加盟国・地域で、モノ・サービスの 貿易自由化や貿易関連のルール作り(知的財

[PDF]

我が国の経済連携協定 (epa)の概要 函館税関業務部長 中村三一 2015年12月21日

[PDF]

こうした観点から、本章では、我が国のマクロ経済が辿った状況をやや長期的な視点から振 り返るとともに、デフレから脱却し、経済の好循環を確実なものとしていくために重要と考え

[PDF]

より財政状況の改善に成功している国も存在する。 本稿では、我が国財政の現状を検証しつつ、過去に財政健全化に成功した国々が行った 政策等を紹介し、現在我が国が抱えている課題を解決する参考としたい。 2.我が国財政の現状

99年の我が国の東アジア地域向けた援助が二国間援助全体に占める割合は、98年の40.9%から49.7%へと増加した。政府貸付を中心として増加したが、これは、先のアジア通貨・経済危機から立ち直りつつある東アジア諸国の

[PDF]

(2) 我が国における産業連関表の作成状況 我が国における全国ベースの産業連関表は、当時 の経済審議庁(後の経済企画庁、現在の内閣府)及 び通商産業省(現在の経済産業省)等が、昭和26年 を対象年次とする試算表をそれぞれ単独で作成した