病床機能報告 平成30年度 – 平成30年度病床機能報告結果(確定) について

令和元年度病床機能報告に関するご不明点のお問い合わせ窓口は、下記のとおりとなります。なお、内容を正確に把握するため、電話またはFAXによりお問い合わせください(追加報告において、メールでの問い合わせ受付は行っておりません)。

[PDF]

平成30年度(2018年度)病床機能報告の 結果について 第 2 1 回 地 域 医 療 構 想 に 関 す る w g 令 和 元 年 5 月 1 6 日

地域医療構想について

平成30年度病床機能報告の集計結果. 現状 平成30年(2018年)7月1日時点の機能として、各医療機関が自主的に選択した機能の状況です。

2025年7月1日時点の機能は、平成30年度病床機能報告からの新規項目ですが、参考として、平成29年度病床機能報告時の「平成29年(2017年)7月1日時点から6年経過した時点の機能」を( )で記載してい

地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)により改正された医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13に基づき、平成26年度から病床機能報告制度が始まりました。

平成30年度の病床機能報告の結果. 石川県における医療機能ごとの病床の状況. 現状 2018年7月1日時点の機能として、各医療機関が自主的に選択した病床の機能の状況をまとめたものです。

平成30年度病床機能報告結果の公表について(通知) [pdfファイル/74kb] 岡山県における医療機能ごとの病床の現状について(平成30(2018)年度) [pdfファイル/133kb] 平成30年(2018)年7月1日時点の医療機能ごとの病床(構想区域別)

平成30年度 病床機能報告の結果について 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月10日更新 ここでは,医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13第4項の規定に基づき,宮城県内の病床機能報告対象病院等の報告結果を公表しています。

平成29年度病床機能報告の結果を活用し、各病院が地域における自院の役割や立ち位置を踏まえ、病床機能の分化・連携などについて検討したり、自主的な取組を進める判断材料の一つとなるよう、二次保健医療圏ごとに、各病院の情報をまとめた資料を

平成29年度報告における,現状及び6年後の医療機能ごとの病床の状況については以下のとおりです。なお,2025年の予定については任意で回答を求めておりますが,無回答が多数を占めているため,6年後の予定までの公表といたし

ホーム > 子育て・健康・福祉 > 医療・くすり > 医療・くすり総合 > 病床機能報告制度. トップ > 平成30年度. 平成30年度. 公開日:2016年7月4日 現状. 2018年7月1日時点の機能として、各医療機関が自主的に選択した機能の状況です。

病床機能報告 「病床機能報告」とは、地域医療構想の策定にあたり、地域の医療機関が担っている医療機能の現状把握、分析を行う必要性があったことから、平成26年度から開始された制度です。

医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13第4項の規定に基づき、栃木県における平成30年度の病床機能報告の結果を公表し

平成29年度 病床機能報告の結果について Tweet 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月19日更新 ここでは、医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13第4項の規定に基づき、大分県内の病床機能報告対象病院等の報告結果を公表しています。

平成29(2017)年度 病床機能報告(h30.08.30) 印刷用ページを表示する 2019年1月21日更新 / 医療推進課 病床機能報告制度について

医療法第30条の13第4項の規定に基づき、秋田県における病床機能報告の結果を公表します。地域医療構想について 今後高齢化が進展し、医療・介護サービスの需要が増大していく中で、患者それぞれの状態

急性期: ・急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、医療を提供する機能

Nov 29, 2018 · そのために必要なデータを収集するため、平成26年10月から医療法第30条の13の規定に基づく病床機能報告制度が導入され、医療機関がその有する病床(一般病床及び療養病床)において担っている医療機能を自ら選択し、病棟単位を基本として都道府県に

平成29年度病床機能報告集計結果 ページ下部の【ダウンロード】から、各二次保健医療圏における医療機能ごとの病床の状況のほか、医療機関ごとの報告内容をご覧いただけます。 30床 . 45床: 尾三: 三原市,尾道市,世羅町

平成30年度病床機能報告結果(病棟ごとの結果一覧) [Excelファイル/588KB] 【過去分】 平成29年7月1日時点の医療機能 平成28年7月1日時点の医療機能 平成27年7月1日時点の医療機能 平成26年7月1日時点の医療機能

三重県における医療機能ごとの病床の現状(平成29年度病床機能報告) 平成26年10月、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)により改正された医療法(昭和23年法律第205号)に基づく病床機能報告制度が始まりました。

地域医療構想について

現在の位置: トップページ > くらし・環境 > 医療 > 医療制度・政策 > 医療計画 > 病床機能報告について > 岩手県における医療機能ごとの病床の状況(平成29年度) > 平成29年度病床機能報告の結果(盛岡

平成 30 年度 病床機能報告 報告マニュアル②. 目 次 1.病床機能報告制度について 1 1-1.病床機能報告制度の概要 1 1-2.報告対象となる医療機関 2 1-3.報告対象となる病棟の範囲 3 2.報告様式の入手から提出までの流れ 4

病床機能報告制度による平成29年度報告の集計結果を公表します。 ※9月28日一部医療機関の個票データ更新

平成29年度の病床機能報告制度の結果. 石川県における医療機能ごとの病床の状況. 現状 2017年7月1日時点の機能として、各医療機関が自主的に選択した病床の機能の状況をまとめたものです。

[PDF]

<平成30年度病床機能報告に係るデータ共有のねらい> ・ 地域医療構想調整会議では、毎年度の病床機能報告の結果等により、各 構想区域における病床機能の現状や見込み等の確認を進めていきます。

病床機能報告制度(平成29年) 千葉県における医療機能ごとの病床の現状 地域医療構想について. 今後高齢化が進展し、医療・介護サービスの需要が増大していく中で、患者それぞれの状態にふさわしい良質かつ適切な医療を効果的かつ効率的に提供する体制を構築することが求められています。

トップページ > 組織から探す > 医療政策課 > 病床機能報告制度・2017年度報告結果 平成30年 (2018年) 9月 5日. 医療政策課. 2017年度病床機能報告結果 (山口県における医療機能ごとの病床の状況)

[PDF]

平成30年度病床機能報告整理 【施設票】 本資料は、各医療機関から提出された病床機能報告のうち、いくつかの指標を抽出し、整理したものです。 (時点について特に注釈の無いものは報告年度7 月1 日時点の機能を表しています。) 資料3-1

医療法第30条の13第4項の規定に基づき、秋田県における病床機能報告の結果を公表します。地域医療構想について 今後高齢化が進展し、医療・介護サービスの需要が増大していく中で、患者それぞれの状態

平成30年度病床機能報告の公表について こうしたことから、県では、平成28年10月に2025年における医療機能ごとの需要と必要量を含めその地域にふさわしいバランスのとれた医療機能の分化と連携を適切に推進するための地域医療構想を策定しました

(注) ・二次医療圏名をクリックすると、圏域内の医療機関ごとの病床の状況をご覧いただけます。 ・平成30年度報告から、従来の「休棟等」を「休棟中(再開予定)」「休棟中(廃止予定)」に分けて報告することとなりました。

[PDF]

平成30年度の病床機能報告結果(速報値)と2025年の病床数の必要量を単純に比較する と一部の圏域を除き急性期機能が過剰で回復期機能が不足している。 また、慢性期機能のうち、佐久(42床)、上小(97床)、飯伊(151床)、松本(58床)

[PDF]

平成30年度病床機能報告整理 【施設票】 本資料は、各医療機関から提出された病床機能報告のうち、いくつかの指標を抽出し、整理したものです。 (時点について特に注釈の無いものは報告年度7 月1 日時点の機能を表しています。) 資料3-1

がある医療機関」の場合 平成30年1月19日まで(※12月下旬発送) 「上記以外の医療機関」の場合 平成29年10月1日から平成29年10月31日 奈良県における医療機能ごとの病床の状況 報告率(平成30年6

トップページ > 組織から探す > 医療政策課 > 病床機能報告制度・2017年度報告結果 平成30年 (2018年) 9月 5日. 医療政策課. 2017年度病床機能報告結果 (山口県における医療機能ごとの病床の状況)

平成30年度病床機能報告制度における神奈川県における医療機能ごとの病床の状況; 平成29年度病床機能報告制度による神奈川県における医療機能ごとの病床の状況; 平成26年度 二次保健医療圏別(湘南西部圏域)の医療機能ごとの病床の状況; 平成27年度病床

病床機能報告制度による報告結果(平成29年度) 現状(2017年7月1日時点の機能として、各医療機関が自主的に選択した機能

第1節 集計時点 . 原則として、平成28年2月16日までに報告があり、病床数、医療機能に関する報告項目に不備がなかった医療機関を対象として集計したものです(一部、平成28年2月16日を超えて提出された

平成29年度病床機能報告の結果について 2018年11月21日. 医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13第4項に基づき、滋賀県内の病床機能報告対象医療機関の報告結果を公表します。

平成29年度病床機能報告結果(南部圏域) ・ 医療機関名をクリックすると、医療機関の病床、職員数等の情報(個票データ)をご覧いただけます。

病床機能報告は、地域医療構想の策定にあたり、地域の医療機関が担っている医療機能の現状把握、分析を行う必要があることから、平成26年度より開始された制度です。

更新日:2018年10月31日. 平成29年度病床機能報告結果(中部圏域)

〇病院の報告状況(エクセル:1,774kb)(平成30年8月15日 様式2報告データ更新) 〇有床診療所の報告状況参考資料(エクセル:259kb)(平成30年8月15日 様式2報告データ更新) 病床機能報告結果の他、地域の医療提供体制の状況等に関するデータ集です。

[PDF]

介護保険施設等への転換も南部圏域で約100床と報告。 8 平成30年度病床機能報告(速報)の結果について 今回の速報値は、h30.11.15時点のものであり、2医療機関・101床分が 未報告のため、病床数総数の捉え方には注意が必要。

[PDF]

平成30年4月 「埼玉県地域医療構想推進会議」での分析結果報告・意見聴取 平成29年度 平成30年度 平成30年5月 厚労省主催「地域医療構想に関するワーキンググループ」で事例発表 平成30年6月 厚労省主催「都道府県医療政策研修」で事例発表

医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13第4項の規定に基づき、栃木県における平成29年度の病床機能報告の結果を公表し

平成30年度病床機能報告 平成30年9月18日付けで、厚生労働省ホームページ上に、専用ページが立ち上げられました。 専用ページから、報告様式(エクセルファイル)等のダウンロードを行い、入力の上、cd-r等の郵送又は専用ページからのアップロードにより

[PDF]

【参考】2025年(平成37年)7月1日時点の 医療機能の予定別の病床数(許可病床) ※任意の報告項目のため、報告のあった病床分のみ記載 30,609千円 (参考)平成28年度 東京都における医療機能別許可病床数の状況 0 27 4,743 18,443 27,092 44,297 4,756 5,465 4,959 0 5000 10000

地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)により改正された医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13に基づき、平成26年度から病床機能報告制度が始まりました。

病床機能報告制度(平成28年) 千葉県における医療機能ごとの病床の現状 地域医療構想について. 今後高齢化が進展し、医療・介護サービスの需要が増大していく中で、患者それぞれの状態にふさわしい良質かつ適切な医療を効果的かつ効率的に提供する体制を構築することが求められています。

病棟ごとの病床数・人員配置・医療機器・入院患者の状況など 2 具体的な医療の内容に関する項目. 医療機関ごとの平成28年7月審査分(6月診療分)のレセプト等から必要項目を集計; 集計結果 平成28年度病床機能報告の集計結果は以下のとおりです。

病床機能報告制度について(平成29年度) 病床機能報告制度とは. 病 床機能報告制度とは,医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13に基づき,一般病床・療養病床を有する病院・診療所が,当該病床において担っている医療機能の現状と今後の方向性について,病棟単位で,「高度急性期機能

平成29年度 病床機能報告の結果について ここでは、医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13第4項の規定に基づき、山形県内の病床報告対象医療機関の報告結果を公表しています。

[PDF]

【平成30年度病床機能報告について】 平成30年度病床機能報告(平成30年10月実施)に向けては、これまでの病床機能報告から得 られたデータの分析結果や、今後予定されている平成30年度診療報酬改定の内

病床機能報告の状況. 病床機能報告制度について . 医療法第30条の13の規定に基づき、一般病床・療養病床を有する医療機関が、病床機能(高度急性期、急性期、回復期、慢性期)の現状と今後の方向について病棟単位で選択し、県に報告する制度であり、平成26年度に開始された。

[PDF]

平成30年度病床機能報告制度 ・以下の集計は、香川県における病床機能報告制度による機能別病床数の集計結果です。 ・平成31年2月15日までに病床機能報告事務局へ報告があり、病床数、医療機能に関する報告

[PDF]

平成29年度病床機能報告結果(速報値) 資料 1 (3/4) h29-28比較 <4機能別許可病床数の割合/多摩・島しょ> 西 多 摩 南 多 摩 北 多 摩 西 部 北 多 摩 南 部 北 多 摩

平成28年度報告における,現状及び6年後の医療機能ごとの病床の状況については以下のとおりです。なお,10年後の予定については任意で回答を求めておりますが,無回答が多数を占めているため,6年後の予定