省エネ法 定期報告 対象 – エネルギーの換算方法

経済産業省・資源エネルギー庁のホームページです。省エネルギーについて。定期報告書関連、特定事業者とは。 ③ 下記の「省エネ法・温対法電子報告システム」にログイン・提出

省エネ法の概要と必要な手続 省エネ法の概要についてとりまとめたパンフレットです。(平成29年版) エネルギーの使用の合理化等に関する法律 省エネ法の概要(pdf形式:7.8mb) 旧パンフレットはこちら(pdf形式:3.5mb) 平成25年度の省エネ法改正について

[PDF]

省エネ法の対象となるエネルギー 設置しているすべての工場等(本社、工場、支店、営業所、店舗等)の年間エネルギー使用量の合計が 1,500kl (原油換算)以上である事業者を『特定事業者』として国が

省エネ法の定期報告 「エネルギーの使用の合理化に関する法律(「省エネ法」)第75条、第75条の2に基づいて、法律によって定められた条件に合致する建築物の新築・増築・改築・修繕を行うとき、建築物の消費エネルギー措置内容を建築物所在地の所管行政へ、届出なければなりません。

[PDF]

定期報告書作成支援ツール<>(以下「本ツール」と言います。)は、エネ ルギーの使用の合理化等に関する法律(以下「省エネルギー法」と言います。)に基 づき提出が義務付けられている定期報告書の作成を支援するためのツールです。

① 定期報告 書 ※4 「ベンチマーク達成分野」の欄は、省エネ法ベンチマーク制度の対象となる事業者が上記②を満たす場合に限り、その達成した分野名を記載をするものです。

[PDF]

省エネ法届出対象建築物 1.第一種特定建築物(床面積2,000㎡以上) 【新築・増築・改築】 【設備の設置】 空気調和設備等の設置をする場合 【改修等】 新築 床面積の合計が2,000㎡以上のもの 増築 増築に係る部分の床面積の合計が2,000㎡以上のもの 改築

[PDF]

届出対象となる住宅・建築物の規模の考え方 3年毎の定期報告が必要 省エネ措置の届出対象 《着手の 21日前までに届け出ること》 ① ② ③ ※①~③の具体的な内容は、P.5表2を参照して下さい。

算定・報告・公表制度の概要. 改正された地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づき、平成18年4月1日から、温室効果ガスを多量に排出する者(特定排出者)に、自らの温室効果ガスの排出量を算定し、国に報告することが義務付けられました。

「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(省エネ法)のページです。 令和元年度 改正建築物省エネ法に関する詳細説明会については、こちら ※ 省エネ法に基づく省エネ措置の届出等については、平成29年3月31日をもって廃止 となり、 平成29年4月1日以降は建築物のエネルギー消費性能の

省エネ法定期報告書(様式第9)をExcel形式のファイルで提出される場合は、省エネ法・温対法電子報告システムでのチェック機能の対象外となります。 省エネ法・温対法電子報告システムでの入力チェックを行いたい場合は、報告書の種別ごとに以下の

省エネ法・温対法電子報告システム

省エネ法の定期報告書の提出期間までにJ-クレジットの無効化手続を完了させ(※3)、当該定期報告書の別紙(共同省エネルギー事業の報告及びJ-クレジット無効化量の報告)に必要な情報を記載(※4)の上、別紙及び当該排出削減実績報告書とともに

[PDF]

改正省エネ法(工場・事業場) 説明資料 平成21年11月 資源エネルギー庁 省エネルギー対策課 注:事業場には、オフィス、小売店、飲食店、病院、ホテル、学校、サービス施設などすべての事業所が含まれ

なお、省エネ法(エネルギーの使用の合理化等に関する法律)で届出の対象とされていた修繕・模様替や、空気調和設備等の設置・改修は、建築物省エネ法では届出対象外となります。また、定期報告制度も廃止となります。 手続き

届出書及び報告書は信書に該当するため、ゆうパックや宅配便で送付することは、郵便法(昭和22年法律第165号)第4条第4項の規定により禁じられています。返信用の封筒は、必ず、信書を送ることができるもの(レターパック等)としてください。

[PDF]

⼯場等や輸送事業者、荷主を対象に、省エネ取組の規範(判断基準=告⽰)を⽰すととも に、⼀定規模以上の事業者にエネルギーの使⽤状況等を定期報告させ、必要に応じ指導。 省エネ法の概要 ⼯場・事業場 ⼯場等を設置して事業を⾏う者

2.定期報告が必要な建築物等. 定期報告が必要な建築物、建築設備等の規模及び報告期間(pdf:121kb) 平成28年6月に建築基準法が改正され、定期報告の対象となる建築物等が変わりました。

[PDF]

3.業務部⾨のベンチマーク対象業種の拡⼤. 省エネ法の概要 省エネ法は、事業者へ適切な省エネ取組の実施を義務付ける法律。 事業者は、年間の省エネ取組を定期報告し、国は取組状況を評価する。

[PDF]

定期報告書・中長期計画書 の作成について 近畿経済産業局 エネルギー対策課 平成27年5月 Kansai Bureau , METI Natural Resources , Energy and Environment Department

[PDF]

そして、省エネ法第15条に基づくエネルギー使用状況の定期報告をした場合、省エネ法の定期報告中の二 酸化炭素排出量に関する部分は二酸化炭素排出量についての温対法第21条の2第1項の報告とみなされま す(温対法第21条の10)。

[PDF]

)での中長期計画・定期報告、役員クラスのエネルギー管理統括者、 それを補佐するエネルギー管理企画推進者の選任等が必要となる。 なお、3,000kl以上の工場・事業場については、「第1種エネルギー管理指定工場等」、 1,500kl以上の工場・事業場について

[PDF]

3.省エネ法が規制する分野は? 省エネ法が直接規制する事業分野としては、“工場又は事業所その他の事業場”、“輸送” 、“住宅・建築物” 、“機械器具” の 4つがあり、それぞれ以下に示す事業者が規制の対象と

省エネ法で報告義務が生じるのは、 荷主が所有権を有する貨物輸送 の範囲です。 ※ 対象は国内輸送のみです。輸出入の場合、通関の場所が国際輸送との境界です。 ※ 事業活動に伴い、継続的に発生する輸送が対象となります。

日本の省エネ政策の根幹、「省エネ法」とは

改正省エネ法の定期報告では、会社で使用しているすべての施設のエネルギー使用量を集計しなければいけないのですか? | 企業の環境・csr・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

[PDF]

⼯場等や輸送事業者、荷主を対象に、省エネ取組の規範(判断基準=告⽰)を⽰すととも に、⼀定規模以上の事業者にエネルギーの使⽤状況等を定期報告させ、必要に応じ指導。 省エネ法の概要 ⼯場・事業場 ⼯場等を設置して事業を⾏う者

政令が指定する報告対象の条件に加えて、地方自治体ごとに定められた細則によって特定建築物の条件や定期報告のルールが追加されている場合がほとんどです。ですからあくまで参考として、東京都の例を以下に記載します。 劇場、映画館、演芸場

[PDF]

けます。なお、省エネ法・温対法電子報告システムとe-Gov電子申請システムとでは同一事業者であってもID番号 は異なります。 対象事業者 届出様式 届出先*1 省エネ法(特定事業者、特定連鎖化事業者又は特定荷主)*2 省エネ法様式第23 経済産業局

【義務内容の対象】の「①温室効果ガスの排出量の算定・報告」の中のエネルギー起源CO 2 の報告に関しては、省エネ法の定期報告と対応可能。 該当要件: すべての事業所の原油換算エネルギー使用量(燃料・熱・電気)の合計使用量が1500kL以上

【義務内容の対象】の「①温室効果ガスの排出量の算定・報告」の中のエネルギー起源CO 2 の報告に関しては、省エネ法の定期報告と対応可能。 該当要件: すべての事業所の原油換算エネルギー使用量(燃料・熱・電気)の合計使用量が1500kL以上

[PDF]

省エネ法に基づく建築物の定期報告制度について ~建築物調査業務トライアルキャンペーンを実施中. 平成20 年5 月「エネルギーの使用の合理化に関する法律(昭和54 年法律第49 号)]の一部が改正され、従来

政令が指定する報告対象の条件に加えて、地方自治体ごとに定められた細則によって特定建築物の条件や定期報告のルールが追加されている場合がほとんどです。ですからあくまで参考として、東京都の例を以下に記載します。 劇場、映画館、演芸場

たが,「建築物省エネ法」では既存部分との大小関係に関わらず、増改築部分が 300㎡以上の場合は, 届出対象 (2) 定期報告制度の廃止 「省エネ法」では届出提出後、3年に一度提出する必要があった定期報告制度は廃 止されました。

建築物のエネルギーの消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)に基づく届出制度について 定期報告制度の廃止 ※特定建築行為(省エネ適合性判定対象建築物の新築・増改築)は除く。

[PDF]

建築物省エネ法の規制措置の適用判断(§11・18、§19・22等) 建築物省エネ法の規制措置(基準適合義務・適合性判定、届出義務)の適用については、次によ り適用の有無を判断。 1)規制措置が適用除外される建築物であるかどうか

省エネ法に基づく届出・定期報告について エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)に基づく届出・定期報告について . 建築物の省エネルギー対策について 報告の対象: 省エネルギー措置の届

どのような建築物が対象か. 床面積が300㎡以上の住宅やビルなどの建築物が対象になります。 新築や増改築の際に住宅の省エネ性能が基準に達するようにすることが義務付けられております。その後の定期報告も行わなければなりません。 違反した場合の罰則

・省エネ法に基づく各種の手続きを代表者から工場長等へ委任する場合に提出: 変更届出書: 随時 ・届出事項に変更があった場合に提出: 定期報告書の修正について: 定期報告書の提出時 ・平成27~30年度提出済の定期報告書内容に誤りがあり修正する場合に提出

初歩的な質問で恐縮ですがお尋ねします。 改正省エネ法で、事業所から事業者へ対象が拡大され、 事業者全体のエネルギー量を報告することになりましたが、 この中で、 工場とか事務所のエネルギー使用量

届出の対象となる建築物は、床面積※が300m 2 以上の住宅及び非住宅建築物の新築・増改築となります(適合義務対象となる特定建築物を除く。 旧省エネ法(エネルギー使用の合理化等に関する法律)においても同様の届出義務が課せられていますが、建築物省エネ法では従前届出対象とされて

「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」の施行に伴い、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)」に基づき行われている省エネ措置の届出は、平成29年4月1日より「建築物省エネ法」の適合義務、届出制度に移行されます。

日頃より省エネ施策の推進にご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。 エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)が改正され、平成22年4月1日から、エネルギー管理の規制体系が、工場・事業場単位から、事業者単位(企業単位)に変わります。

[PDF]

る場合、省エネ法第15条第1項に基づき、特定事業者として定期報告書・中長期計 画書を毎年度7月末日までに提出することを義務付られています。 昨年度に提出があった文部科学省が主務大臣となる定期報告書は、744事業者・ 478指定工場であった。 4

・これまでエネルギーの使用の合理化等に関する法律に基づいて3年ごとに行われていた届出に係る事項に関する維持保全の状況についての定期報告は,法改正により平成29年4月1日以降は不要となりました。

[PDF]

※現行省エネ法に基づく修繕・模様替え、設備の設置・改修の届出、 定期報告制度については、平成29年3月31日をもって廃止。 背景・必要性 法律の概要 第一種特定建築物 第二種特定建築物 特定建築物

(※1)「事業者クラス分け評価制度」= 省エネ法の工場等に係る措置の定期報告を提出する全ての事業者をs・a・b・cの4段階へクラス分けし、クラスに応じたメリハリのある対応を実施するもの。

改正省エネ法への対応を良い機会と捉え、「改正省エネ法」を「錦の御旗」に社内での省エネ(エネルギーコスト削減・co2削減)を推進し、企業の発展に繋げて行く支援を総合的に行います。(定期報告書・中長期計画書・管理標準作成支援、エネルギー管理企画推進者・エネルギー管理者

省エネ法 、改正省エネ q.事業者としてエネルギー使用量を把握する範囲はどこまでが対象となりますか? 所については、毎年度の計測した値に代えて、一度国に提出した値と同じ値を次回以降も定期報告書に記載することもできます。

定期報告 1. 届け出対象建築物 平成15年4月以降に省エネ措置の届出を行った特定建築物の所有者または管理者は、3年ごとに、省エネ措置の維持保全の状況に関して定期報告※が必要です。(第二種特定建築物の住宅の用途を除く)

改正前省エネ法では、対象となる事業者に対し毎年定期報告書及び中長期計画書の提出を義務づけていましたが、改正法では、省エネ取組の優良事業者を対象に数年に一度の提出を可能としました。

[PDF]

工場等や輸送事業者、荷主を対象に、省エネ取組の規範(判断基準=告示)を示すととも に、一定規模以上の事業者にエネルギーの使用状況等を定期報告させ、必要に応じ指導。 省エネ法の概要

省エネ法の届出と定期報告について 最終更新日:2018年1月16日 「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」に基づく新規届出及び定期報告制度は、平成28年3月31日をもって廃止されました。

[PDF]

報告義. 務の対象は、事業者全体のエネルギー使用量が1,500kl/年以上(原油換算)の事業者とな. る。 ・指定された事業者は、使用状況届出、定期報告、中長期計画の提出、およびエネルギー管理 統括者、エネルギー管理企画推進者の選出が義務化される。

旧省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)に基づく届出、定期報告制度については、平成 29年3月31日をもって廃止されました。現行の建築物省エネ法(建築物のエネルギー消費性能の向上に関 する法律)では定期報告制度はありません。

※省エネ法に基づく省エネ措置の届出等については、平成29年3月31日をもって廃止となりました。 平成29年4月1日以降は建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)に基づく手続が必要となりますのでご注意ください。

[PDF]

定期報告書の内容に基づき、エネルギーの使用の合理化の状況に問題のある事業者に対して、省エネ の観点から指導等を実施。 省エネ法の概要 2 事業者 定期報告書の 提出 経済産業省 指導 定期報告内容の評価 報告徴収や立入検査などの 調査 取組が著しく

[PDF]

3-6.定期報告書の書き方と記入例(特定‐第3表)① 事業者全体及び事業分類ごとのエネルギーの使用に係る原単位等を記入 ① すべての工場・事業場を、『日本標準産業分類』の細分類番号(4桁)ごとに分類し、集計して記入

ベンチマーク制度の対象となるのは、⾷料品スーパー業に供する1年度間のエネルギー使⽤量(原油換算値)が1,500キロリットル以上の事業者です。 該当する場合は、省エネ法の定期報告書において、ベンチマーク指標の状況について記⼊する必要があります。

[PDF]

定期報告書の内容に基づき、エネルギーの使用の合理化の状況に問題のある事業者に対して、 省エネの観点から指導等を実施。 省エネ法の概要(省エネ取組の評価方法について) 7 事業者 定期報告書の 提出 経済産業省 指導 定期報告内容の評価